中小企業診断士/行政書士中村事務所

頑張る中小企業と中小企業診断士/行政書士の資格取得を目指す人を応援するブログです。

事業承継は難しいな!

社長にもしもがあり相続が発生した時、財産が

あればあるでもめ、なければないでもめる。昔

は仲の良かった兄弟姉妹でもそれぞれが独立し

て家族を持てば我欲が出てくる。入れ知恵する

のもいる。相続財産の殆どが事業資産なら円滑

な事業承継は困難だ。遺言書も絶対ではない。

不測の事態に備え生前対策を!


中小企業の休廃業数を見ると最も多いのは建設

業。サービス業も多くその中での上位は①一般

診療所②飲食③土木建築サービス④経営コンサ

ルタント⑤歯科医院、になっている。今、注目

されているのは歯科医院の廃業だ。コンビニに

より多い歯科医院も院長の高齢化と後継者不在

に苦しんでいる。何とかせねば



事業承継に明確な定義がある訳ではなく、後継

者確保や相続税問題といった方が中小社長には

分かりやすいかもしれない。経営者が事業活動

を通じ築き上げた会社を後継者に引き継ぐ事は

簡単なようだが難しい。何故なら後継者や推定

相続人など利害関係者の欲望と思惑が暴走する

からだ。「親の心子知らず」だ。


中小企業経営者の平均引退年齢は70歳位。後継

者の育成期間を逆算すると60歳頃には事業承継

の準備を開始しなければ。自分が苦労して育て

た会社。経営理念や想い・価値観・信条を後継

者に対話を通じて伝えていこう。できれば明文

化し後継者は当然の事、会社を支えてくれる従

業員と共有していきましょう。