中小企業診断士/行政書士中村事務所

頑張る中小企業と中小企業診断士/行政書士の資格取得を目指す人を応援するブログです。

子供だから後継者の時代ではない!

団塊世代の中小社長も今や69〜71歳である。引

退年齢の70歳を迎え、後継者不在で廃業するの

は辛いものだ。昔は家業のある家に生まれたら

当然に子供が後継者だったが今は違う。自由に

させていた子供に今さら継いでくれとは言えな

いと悩んでる社長も多い。子供が気を利かせ自

ら継いでくれたらこれ以上の親孝行はないだろ

うが、親の事業に魅力がなければ、また今の会

社にいる方が将来的に自分の為や自分の家族の

ためになるのであればいくら親孝行をしなけれ

ばと思ってもそうはいかないのが実情である。

それは奥さんからも同意してもらえないことも

多く、息子は息子で悩み苦しむものである。ま

た息子に継がせるだけの経営者としての資質が

なければこれはこれで問題である。会社も業歴

を重ねると会社の規模や従業員数も増えている

であろう。そういった規模が大きくなった会社

は単に息子だからと継がせてもうまくいかない

ケースが多い。その業界の専門知識や実務能力

と共にリーダーシップも必要であろう。父親が

カリスマ過ぎていたら尚更継ぎにくいものだ。

従業員や取引先などはカリスマ社長だからみん

なが慕いついてきたこともあるだろうし、無能

な人間が単に息子だからという理由ではなかな

か円滑にバトンタッチできないだろう。従業員

達も家族から後継者をと分かっていても素直に

はこの現実を受け入れられない人もいるのでは

ないのだろう。息子も真剣に親孝行したいな

ら、親に余計な心配をさせずに、自らも経営能

力を身につけ誰からも批判されることのない後継者となろう。そして継いだ会社の更なる成長発展に力を入れよう。