中小企業診断士/行政書士中村事務所

頑張る中小企業と中小企業診断士/行政書士の資格取得を目指す人を応援するブログです。

中小企業診断士という資格

大学生から「診断士を取って就職の時に役に立

つか」と聞かれた事がある。有利になるのは当

然である。なぜなら中小企業診断士の資格は経

営を体系的・論的に習得したものに与えられる

称号である。それらの専門知識を実務に活かせ

るのは間違いないからだ。また以前、友人の人

事部長(東証一部)に聞いた事があるが、内定

を争う競合同士で二者択一の場合、大学のレベ

ルが下でも診断士を取得している方を採用する

らしい。直近での努力を評価するし、経営の資

格は有用だからとの事だった。


資格を持つ意味とは、「君は何ができる」と問

われ、色々答えても本当にできるか疑問なので

説得力がない。またできることが分かってもど

の程度のレベルかわからなければ懐疑的であ

る。前の会社のレベルも業務水準もわからない

からだ。その点、国家資格を示せれば相手は納

得する。働き方改革で業務を効率化する際、ス

キルマップの作成が必要。各人のスキルを表に

まとめる作業で資格があれば一目瞭然。資格は

スキルの価値尺度でもある。