中小企業診断士/行政書士中村事務所

頑張る中小企業と中小企業診断士/行政書士の資格取得を目指す人を応援するブログです。

起業を促し後継者不在で悩む中小企業に!

日本は起業無関心者が多く77%が無関心だ。開

業率が英国の14%と比べ5%と低いのは安定

志向が多いだけでなく、開業費用が高い、起業

に要する日数・手間がかかるのも原因。また失

敗した時の敗者復活制度が欧米と比べると未整

備な点もある。安易な復活制度もモラルハザー

ドになるので加減が難しいと思うがそれらが弊

害となっているのが現実だ。


日本の起業家意識は欧米と比べ低いが、その一

方で起業に関心を持った人が起業する割合は高

い(米20%、日本19%、英13%)。これらから77%の起業無関心者を起業関心者、そして起業

家に導くと共に起業の際の経済的・精神的な負

担の軽減策がより求められる。充実した開業支

援策と学校教育の見直しが必要ではなかろう

か。起業して失敗したらどうしようかと躊躇す

る人も多いだろう。失敗を恐れない文化と風土

の醸成ともしも失敗しても再起できる敗者復活

制度が必要だ。それらを実施して、後継者不在

で廃業の増加が懸念される現状を打開せねば。

また起業家を育成し後継者不在で廃業する会社

と起業家をマッチングさせ会社数の減少に歯止

めをかけることも検討してほしい。


一方、起業後の生存率は日本は意外に高い。起

業後5年間で米国48.9%に対し日本は81.7%と

なっている。日本は安易な起業はせず、もしダ

メでもすぐには市場から退出せず、あらゆる対

策を講じて踏ん張るようだ。米国はダメと思っ

たらさっさと退場するようで、失敗を許容する

社会風土と復活支援が充実しているみたい。


また起業家の年齢構成を見ると「若い人=起業

家」のイメージがあるが、一番多いのは60歳

以上のシニア。定年後のセカンドキャリアとし

て起業を選択する事が推察される。確かに今の

シニアは元気で知識・経験・人脈など起業する

上での基盤は整備済。今後もシニアが経済を牽

引するのかな?若者も頑張らねば。