中小企業診断士/行政書士中村事務所

頑張る中小企業と中小企業診断士/行政書士の資格取得を目指す人を応援するブログです。

現場第一主義もほどほどに!

チェーン企業では本部の力が強すぎてもダメ、

現場である店が強すぎてもダメでバランスが大

切だ。相互が目的と目標を共有化して協力姿勢

が必要である。以前、外食企業の本部員をして

いた時、現場を大事にする社長が毎日店に行っ

ていた。そして本部に対する意見や不満を聞き

私達に説教する。本部員の中には悪口を言われ

たくないので現場に媚びを売るものもいる。ラ

イン&スタッフ組織では本部と店の力関係が運

営に影響する。組織内秩序が乱れて苦労したも

のだ。現場には気分良く働いてもらい顧客満足

度を高める努力をさせる為の本部の支援は必要

だが、甘やかしたり勘違いさせてはいけない。

気をつけて管理することが大切だ。


また、ある食品スーパーでもレジ係の態度が悪

く客が文句を言った。その対応も悪く客がぶち

切れ「本部に電話するぞ」と言ったらレジ係が

「どうぞ」と言い放った。行き過ぎた現場第一

主義に店側が勘違いし本部の力が脆弱化する会

社の典型だ。店の接客態度で本部と店との力関

係が分かる。こんな店では将来はない。

上記からも分かるように本部・店舗が協力して

一体となってやらないといけない。でないとお

客様に迷惑がかかるだろう。