中小企業診断士/行政書士中村事務所

頑張る中小企業と中小企業診断士/行政書士の資格取得を目指す人を応援するブログです。

事業継続は難しい!

老舗企業の場合、初代や二代目は「身の丈経

営」を信条に堅実経営をするが、三代目になる

と単なる承継者との評価を嫌い、自分の実績を

アピールしたがる。またそれらの指南役や悪の

道へと導く不当な悪者など三代目に群がる連中

もいる。何が会社の将来にとって最適な選択な

のかを真摯な姿勢で自問自答しなければならな

い。過度な拡大路線を展開し、借入金も増大し

財務体質が脆弱化する例が多いので身の丈経営

を徹底しましょう。

また「会社の将来は社長の先見力と実行力で決

まる」とは言うが、中小は特に社長に依存して

おり、社長抜きでは経営が成立しない会社が多

い。社長も「これではダメだ」と言いながらも

従業員や取引先などに頼りにされると嬉しがっ

ている。社長の本来の仕事は後継者を育て、事

業を継続させる仕組みづくりです。


そして後継者の育成と共に大事なのが従業員の

能力と意欲の向上です。従業員への動機付けと

意欲の維持が生産性の向上につながるのは当然

でしょう。職務性質にもよるが、人にいちいち

指示され、やらされ感がある仕事は自己成長に

繋がらず無意味な時間を過ごすだけだ。人間尊

重(働きがいのある職場づくり)と生産性向上

との調和を図っていく事を労務管理の基本とす

ることが大切。そして社会から大切な人を預か

るという自覚と責任が企業には必要ですから徹

底しましょう。