中小企業診断士/行政書士中村事務所

頑張る中小企業と中小企業診断士/行政書士の資格取得を目指す人を応援するブログです。

これからの中小企業を憂う!

中小会社の事業承継が進まず、中小社長の年齢

ボリュームゾーンは今66歳と一貫して上昇中

だ。中小企業数も今や380万社(以前500万社)

と減少し今後も更なる廃業が懸念される。外国

人材を受け入れ、その場の人手不足に対応でき

ても、後継者不在の廃業に歯止めをかけなけれ

ば、今後の日本経済は不安だと思う。まずは会

社数の減少に歯止めをかけなければ。

 

中小社長の年齢が高いと社会的信用は得やすい

が、活力や継続性が懸念される。団塊世代も70

歳代に突入しており、更なる高齢化が進展す

る。会社数99.7%の中小企業の若返りが進まな

ければ、日本経済の活性化につながらず、人や

金などの日本離れが加速することだろう。中小

企業の新陳代謝は喫緊の課題だ。

 

中小製造業の創業期はカリスマ創業者のアイデ

アや技術を中心にモノづくりが始まるが、その

うち創業者の衰えと要求される技術の高度化か

ら集団的な開発体制に移行しなければ対応が困

難になる。自分の衰えと技術の陳腐化を感じた

ら、いつまでもその地位にしがみつくことな

く、自らは後見役に徹していこう。