中小企業診断士/行政書士中村事務所

頑張る中小企業と中小企業診断士/行政書士の資格取得を目指す人を応援するブログです。

中小企業経営は大変だ!

中小社長の年齢のボリュームゾーンは20年前の

47歳から今は66歳とそのまま移行している。そ

の結果、平均年齢は59歳と高止まりしており経

営の新陳代謝が課題になっている。主な原因は

事業承継の遅れと若者による起業の減少だ。業

種別の社長年齢では70歳以上が多い不動産業が

高くなっている。仕事柄、高齢でも問題なくで

きて、尚且つ高齢の方が信用度もあり、情報も

長年の経営から培った人脈から入りやすいので

あろう。一方、起業にそれ程金がかからず若者

が参入しやすいIT系が低い。これからこの業種

や年齢層の人が起業できるような実現性の高い

施策が必要だと思う。

 


ところでいくら豊富な経営資源を有する大企業

とはいえ、全てを自前主義で対応するのは困

難。これだけ社会経済が複雑化・多様化、そし

て要求水準が上がると一社での対応すれのは逆

に非効率になるだろう。その際に下請企業から

の供給もあるが、相互に共存共栄の姿勢が必要

だ。自社のブランディングだけに傾注してはダ

メ。あるコンビニは調味料を供給してくれた下

請ブランドを弁当の帯封に記載して協力姿勢を

喚起している。こういう姿勢が下請企業との取

引には必要だろう。