中小企業診断士/行政書士中村事務所

頑張る中小企業と中小企業診断士/行政書士の資格取得を目指す人を応援するブログです。

真の競争相手はお客さん!

回転寿司に行けば分かるように原価2割もあれ

ば7割の商品もあり総合的に原価50%になるよ

うに商品ミックス計画がされてる。そして予算

原価と実際の差異を分析し、原因究明して打開

策を打ち出すのが改善の流れ。そこに人件費・

業務費・管理費が加わり営業利益率が5%とな

る利益構造となる。どんな業態も高中低の原価

を組み合わせ標準原価になるように設計し客と

店が利益を分け合うようにしている。だが最近

は客の情報量が多く高原価商品を集中して選定

するので店側の利益が減少傾向にある。真の競

争相手は競合他店ではなく客になっている店も

ある。昔は情報の非対称性から店側が情報を一

方的に握っており利益調整がしやすかったが今

は消費者の情報武装が顕著で店はやりにくいの

が実情だ。大変な世の中である。