中小企業診断士/行政書士中村事務所

頑張る中小企業と中小企業診断士/行政書士の資格取得を目指す人を応援するブログです。

目が離せない流通環境!

日本の小売市場は欧米とは違い上位企業による

寡占化は進まない。二強のイオンとセブンでも

両社計で14兆円、140兆市場の10%だ。通常、

チェーンストアは規模の利益があるが日本では

限定される。規模の経済が発揮できるのは大手

食品メーカーや消耗材メーカーが販売するナシ

ョナルブランド品が大量仕入れによるコストダ

ウンができた場合くらいだ。欧米のように、週

末に大手ディスカウントなどでまとめ買いをす

る習慣が日本にはない。日本の消費者は生鮮三

品に対する鮮度要求が高く毎日買物する習慣が

ある。その結果、全国大手より地場スーパーの

方が生鮮市場や卸を抑え優位性があるからだ。資本力のある全国大手が地場スーパーを買収

し、より規模のメリットを追求しようと思いお

いしい買収提案を地場スーパーにしても、単独

でも存続できる地場は話に乗らないのが正直な

ところだろう。

 

今後、業態間競争も激化する中で、メーカーと

商社や小売など流通環境がどう変化するか目が

離せない。