中小企業診断士/行政書士中村事務所

頑張る中小企業と中小企業診断士/行政書士の資格取得を目指す人を応援するブログです。

本格的な高齢化社会に備えて!

厚労省が年金の受給開始年齢を75歳の繰り下げ

支給が検討されている。人手不足対策、社会保

障費の負担軽減が目的だが、認知症対策にもな

るだろう。65歳程度で仕事中心の企業戦士が行

き場をなくしたら生きがいをなくし認知症にな

るのが早いようだ。中小企業社長が認知症にな

るのが遅いのは、引退してもいつでも会社に行

けるからとも言われている。この認知症対策は

高齢化が進展する中で、家族にとっても大変な

負担である。成年後見人制度の申立ても年々増

えているが、この制度を知らずに将来を不安が

っている高齢者が多い。成年後見人制度は被成

年後見人である本人の、①身上配慮義務、②自

己決定の尊重、③残存能力の活用、④ノーマラ

イゼーション、を政策理念として、本人の財産

管理(法律行為)と療養監護を支援している。

もう既に判断能力が衰えている人は法定後見制

度を申立てをすることになるが、今はまだ大丈

夫という人は任意後見人制度を活用することを

検討しよう。これは今のうちに将来の後見人に

なってもらう為の契約を結んでおくことであ

る。ご家族の方と相談して検討しましょう。