中小企業診断士/行政書士中村事務所

頑張る中小企業と中小企業診断士/行政書士の資格取得を目指す人を応援するブログです。

社員を見れば会社の質が分かる。社員の質的向上には精神論も必要!

人間関係や感情に左右される事なく、誰が

見ても公正で納得いく人事評価と適正処遇を

する会社であれば皆が安心して努力する。自ら

描いたキャリアビジョンを軸に、年度目標を設定し、

進捗は上司とチェックして修正する。これらを

徹底すれば会社と社員は成長する。これができるか

否かは社長のやる気次第だが。

 

 

 

合理主義者を標榜していてもムダをする事

はある。「今日はムダをしたな」と反省

する事があるが、それもいい経験でムダから

学ぶ事は多くあり次に活かせばいい。未知の

世界での初めての経験では事前対策を徹底しても、

すんなり行かずムダがあって当然だろう。ムダな

経験にはそれぞれ意味があり宝となる。

 

 

 

 

従業員の離職理由に給料や休日などの待遇と

共に人間関係が上位に上がる。確かに職場の

人間関係は難しい。私も勤務時代にはよく

嫌気したものである。生理的に受け付けない

上司、信用できず油断できない同僚、使い

にくい部下。価値観が違う人達が押し付けの

目標を共有させられ、表面上だけの仲の良さで

束ねられた組織は業績を上げられない例が多い。

そういう時は、他人や組織への過剰な期待を

なくし、我が道を歩めば気は楽になる。それが

結果としてうまくいくケースがある。あまり人の

目や人のいうことを気にしないことだ。

 

 

日経キャリアマガジン 2010vol.3会社で・オフで モテる資格ランキング(日経ムック)
 

 

 

「偏差値」は頭を測る基準だが、社会に出て

仕事を始めたら学生時代の高い偏差値自慢は

通用しない。全く勉強がダメだった人が仕事を

させたら力を発揮するケースは多い。逆にその

優秀だったというプライドが足枷になり、社会で

通用しない人もいる。学生時代に勉強で負けて

いた人は仕事で見返してやろう。

 

日経キャリアマガジン 2010 vol.1 資格・スキルランキング (日経ムック)

日経キャリアマガジン 2010 vol.1 資格・スキルランキング (日経ムック)

 

 

 

上司からすると素直で従順な人は使いやすく、

能力もあれば主要なポストを与えて自分が

やりやすい体制を構築して派閥をつくろうと

する。部下も贔屓にされると自分の将来が

約束されたと勘違いし、その人に尽くす。

自分が出世して、やりがいのある仕事をする為

には、自分を磨くと共にこの駆け引きが必要だ。

 

 

 

「この人とは合わない」と思い込んだら、その

人の事を理解しようとせずに避けてしまう。後に

意外と合う事が分かり反省する事がある。仕事も

同様で適性がないと自己判断して色々な職に転じる

人がいる。仕事は我慢してやる内に面白くなり、

続ける事で熟練度が増し人より上手くなる。転職も

いいが自分の天職を見つけよう。

 

 

 

 戦う前から「負ける」と思ったらその

時点で負ける。「ここまでやったんだ

から必ず勝つ」と自己暗示をかければ

萎縮する弱い自分を打破できて優位に

戦える筈だ。徹底した事前対策とポジ

ティブ思考で挑めば必ず良い結果が

期待できる。「弱気は最大の敵」と念じ

ながら、強気で攻める自分をイメージしよう。