中小企業診断士/行政書士中村事務所

頑張る中小企業と中小企業診断士/行政書士の資格取得を目指す人を応援するブログです。

広島カープの勢いを中小企業は見習おう!

先日、広島カープの公式戦の抽選券を

求め、平日昼間なのに5万人が殺到し

大混乱が起きたらしい。運営会社も

かなりのお客さんを想定して警護や

チケットの準備を徹底していたらしいが、

それを大幅に上回る購入希望者数で警察から

きつい注意を受けたのことだ。私は40年

 

 

社員ゼロ!  会社は「1人」で経営しなさい (アスカビジネス)

社員ゼロ! 会社は「1人」で経営しなさい (アスカビジネス)

 

 

近く熱狂的な広島ファンで、ペナント中は、甲子園で試合がある際は駆けつけ、ない時は

ケーブルテレビで生中継や録画で全試合を

見るようにしている。昔の広島カープからは

考えられない今の異常なる人気。巨人戦でも

空席が目立ち、日本シリーズでも満員に

ならなかった唯一の球団だった。

14年連続Bクラスと低迷していたが、

新球場をきっかけに人気が出て、観客動員も

相当増え、業績がかなり向上し、選手への

利益配分や練習環境・福利厚生も拡充され、

選手も奮起したことで強いチームに変身した。でも一番は新球場効果だけでなく、マーケティングが成功した結果だと思う。ターゲットを若干広めに設定し(もちろんやたらと拡散させるのではない)、野球の試合を売り込むより家族全員がレジャーとして楽しめるアメニティー球場のおかげで入場者が大幅に増えたのだ。バーベキューあり、アスレチックあり、その他多くの野球とは関係ない娯楽設備でみんなが満足している。野球を前面に売りこむのではなく、アメニティーを売り、結果として野球に誘導しているやり方だ。よくステーキレストランで、「ステーキを売るな。シズルを売れ(ジューシー感、料理提供の時のあの音)」と言われるのとよく似ている。カープ女子もその発想だろう。それにしてもプロ野球界全体もそうだが、イケメンやスタイルのいい選手が増えてきたなと思う。女性ファンが増えるのも当然かな。

 

はじめての人の飲食店開業塾 (まずはこの本から!)

はじめての人の飲食店開業塾 (まずはこの本から!)

 

 

こういった点は技術があってもマーケティング

軽視し、宝の持ち腐れ状態の会社は見習おう。