中小企業診断士/行政書士中村事務所

頑張る中小企業と中小企業診断士/行政書士の資格取得を目指す人を応援するブログです。

WinWinの取引関係を維持する為にはお互いが謙虚にやらねば!

飲食店に於いて、仕入れ先を「業者」と呼ぶ店はよくないと言われる。ついそう呼ぶ店も多いだろうが、大切な商品等を納品してくれる「取引先」と認識せねばいけない。よく私が教育を受けたのは、仕入れ先から見たら注文先は商品を仕入れてくれる大事なお客様である。

 

だがそれを持って優越的な地位を濫用してはいけない。その物を入れさせてやっているという高飛車な態度は、常日頃からその仕入れ先に対して態度や言葉に出ているものであろう。仕入れ先は不快に思っても大切な納品先を失うことを恐れ我慢しているものである。

 

しかしいつどこで立場が逆転するかわからない。例えば通常の取引では一日一回の納品が取引条件だが、たまたま発注を忘れてもう一回納品してもらわないといけなくなった時、通常の接し方が物をいうことになる。断られるか、嫌々来るか、普段の対応で仕入れ業者も態度が違うであろう。

 

また生鮮品の仕入れ業者であれば、生鮮品は工業製品と違いばらつきがあるのが普通であるが、良くしてくれる注文先の方に鮮度の良い品を優先して納入するのが感情のある人間としては普通の行為であろう。

また普段の態度が悪ければ逆に困った時には助けてくれないものである。

例えばその仕入れ先の経営状態が悪くなり多くの債権者の協力なしに再建が不可能なことは当然だが、普段の恨みを晴らすとばかり協力しない支援しない仕入れ先も多いことが予測される。

いつ立場が逆転するかわからないので普段から仕入れ先に対する態度は共に協力しながら店を反映させるパートナーとの位置づけで接しないといけない。

にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
にほんブログ村

大企業の下請けいじめは相変わらずのようだ。国も「下請代金等支払遅延防止法」を制定して大企業をけん制し、正常な取引を促してはいるが、この下請け法を根拠に大企業に物申すという勇敢な中小企業も少ないであろう。しかし大企業も取引上いつ立場が逆転するか分からない。謙虚な姿勢でのパートナーシップを忘れないようにせねばならない。困った時に下請けから見離される程、惨めな話はない。

大企業がいつまでも大企業である保障はない。従って、大企業は上から目線で下請扱いをしていたら火傷をする。中小企業は「今に見ておれ」とその機会を狙っているかもしれない

企業も改革をする上で、ダウンサイジング(単純な規模縮小)・リストラクチャリング(事業の再構築)・リエンジニアリング(業務の再設計)を進めている。事業や業務の見直しは当然の事で小規模な事業で効率経営を実現する動きも活発である。

にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
にほんブログ村にほんブログ村 士業ブログへ
にほんブログ村 

また各事業が競争力を失いリストラ策として解体を余儀なくされ、企業規模を縮小するケースは多い。逆に中小企業がその手放した事業の受皿となったり、中高年技術者の雇用の引受先となったりしている。

 

特に大手電機メーカーからリストラされた技術者たちは輝きを取り戻し、大手電機メーカーではできなかった仕事もできるようになるなどやりがいと生きがいで充実した日々を送ってその企業の業績向上にかなりの貢献をしているようである。

その成功事例の代表格は「アイリスオーヤマ」だろう。

元々はプラスチック成型会社だったが、大手家電メーカーを早期退職する技術者たちを入社させ、今までは商品化のアイデアだけはあったがそれを商品化する技術がなく地団駄を踏んでいた状況をその技術者たちのお蔭で実現できたのだ。

技術者たちもアイリスオーヤマに入社して、①企画立案から商品開発まで全工程に関与できること(単なる組織の歯車ではないことを実感できる)②自由にアイデアやモノが言える風通しの良い社風③商品完成までのスピードが速いことに驚かされたようである

最初は出身企業のやり方に違いがあり退職する者もいたようだが、社長参加のコミュニケーション会で一体感が醸成され、今日のような勝ち組になったようである。これは是非とも

模範企業にして見習えるところは見習って欲しいものである。そして自立した中小企業の成長発展の為に頑張ってもらいたい。