中小企業診断士/行政書士中村事務所

頑張る中小企業と中小企業診断士/行政書士の資格取得を目指す人を応援するブログです。

裏帳簿のある中小企業に貸し付ける際は気をつけよう!(上)

 

「因果応報とは、人に対して善い行いをすれば善い報い、悪い行いをすれば悪い報い、行いに応じた報いがあることである。多くの人から借金している建設会社社長が、元請からの入金と同時に下請先に支払いもせず姿を消しその後、自らは民事再生、会社は破産申立てと姑息な手段で責任を逃れようとした。だが辻褄の合わない虚偽説明で弁護士から嫌気され受任契約を解除された。詐害行為の天罰が下ったのである。こういう世の中をなめた輩の存在には気をつけなければいけない。」

 

 

 

社員ゼロ!  会社は「1人」で経営しなさい (アスカビジネス)

社員ゼロ! 会社は「1人」で経営しなさい (アスカビジネス)

 

   

銀行から融資金を詐取したと詐欺罪に問われていた振袖の販売・レンタル「はれるひ」の社長が一審の判決が重すぎると控訴していたが、24日、高裁は一審を支持し控訴を棄却した。世間をあれだけ騒がせて被害者も被害総額も大きく当然のことであろう。たった一度の晴れ姿に本人・ご家族の思いを踏みにじった悪質極まりない行為をしたのだから猛省せねばならない。

 

 

絶望を希望に変える勇気

絶望を希望に変える勇気

 

 

サービス小売業で活路を開こう: 売上げ日本一ではなくサービス日本一を目指す (MyISBN - デザインエッグ社)

サービス小売業で活路を開こう: 売上げ日本一ではなくサービス日本一を目指す (MyISBN - デザインエッグ社)

 

 

この事件だが、成人式で予約していた晴れ着を提供できず、会社を破産申し立てして、自らは家族と海外へ逃亡とは呆れてものが言えない。

 

会社が継続困難な状況であることが分かりながらお客さんから注文を受け続け、先に代金だけ徴収して、当日は従業員には何も知らせず家族を連れ夜逃げした無責任社長だ。最後当たりに振り込ませた代金は、運転資金に充当するのではなく逃走資金に使ったのは明白で、どう見ても詐欺だが、本人から「最後の最後まで資金繰りの為に奔走したがその結果やむを得ない状態になってしまった」と言われればしょうがない。またそういうやつに限って逃げ道を相当な時間をかけて用意周到しているのである。

 

その詐欺的行為を主張立証できる証拠を持っているのならともかく、そういう風に本人に開き直られたら追及のしようがないのが実情だ。警察に駆け込んでも動いてもらえないし、弁護士先生に相談しても「詐欺と言う確たる証拠がない以上は難しい」と及び腰である。

この「はれるひ問題」は酷い話だったが、こういう話はよくある。

詐欺行為と債務不履行(最後の最後まで頑張ったのだが万策尽きた)の線引きはそれだけ難しい。

 

私のクライアントも同じように売掛金(1.500万)を未回収のまま逃亡されたが、時系列にその社長の言動を調査分析すると我々は詐欺行為であると断定できる。しかしその主張立証は証明が困難な点があり、疎明程度の説明しかできず困った状態に陥っていた。どうしようもなく途方に暮れおり、また財務状態が脆弱な会社だけに即倒産が頭をよぎったらしい。しかし技術力がある会社なので経済社会的にも損失が大きいと思い、急遽、私が日本政策金融公庫に「セーフネット貸付」の制度融資を活用し、融資を受けて会社再建の支援をすることになった。

にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
にほんブログ村 

・・・・・続く

にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ