中小企業診断士/行政書士中村事務所

頑張る中小企業と中小企業診断士/行政書士の資格取得を目指す人を応援するブログです。

名選手、名監督にあらず!

プロ野球の監督を見ていたら分かるが「名選手、名監督にあらず」である。数々の記録を打ち立てた日本を代表する名選手が監督をやって失敗した為に、選手時代の華々しいイメージが低下した人は多い。

 

 

スタンフォード式 最高のリーダーシップ

スタンフォード式 最高のリーダーシップ

 

 

下積みの苦労をしながら這い上がってきた選手であればともかく、高校時代からチヤホヤされたエリート選手だった場合は、何か勘違いしている人が多く、人の痛みが分からない人が特に多いようだ。もちろん下積み時代の辛さや苦労をスター選手になったら忘れ去っている選手もいるけど、それには笑ってしまう。

 

 

会社の組織を見ても同様である。知識・経験・ノウハウを蓄積し、相当の実績も積み重ねた社内のスターやベテランが、自ら部下を指導し教育して、結果を出せるようにリーダーシップを発揮できるかと言えば疑問である。それらは仕事の性質上、別物である。

 

 

最強の「リーダーシップ理論」集中講義

最強の「リーダーシップ理論」集中講義

 

 

自らがプレーヤーとなって結果を出せる人がリーダーとなって部下を牽引して引っ張れるとは限らないもの。部下も最初はこれだけ実績を上げた人だからと、リーダーになって当然でふさわしい人物であると、みんなが納得するだろうし、尊敬の眼差しで見るであろう。でもそれは実績を上げた人だから尊敬することであり、みんなを引っ張るリーダーとしてではない。リーダーという役割はその人がやってみないと分からない。

 

人格・熱意・手腕が優れている人間力が強い人ならともかく、自分で数字をあげるのは得意だが、部下を使ってみんなの力を結集して部門売上を伸ばすのは今一歩という人はいる。仕事ができて実績を上げただけでは、皆はついて来ない。人柄も大切なのは当然で人柄だけでもいけない。

 

 

「ついていきたい」と思われるリーダーになる51の考え方

「ついていきたい」と思われるリーダーになる51の考え方

 

 

人格・熱意・手腕を磨いてリーダーとしての魅力度を高めなければ一体感があり、勢いのあるチームづくりは難しいだろう。単に成績優秀だからとリーダーに任命しても会社も本人もダメになる場合がある。

 

上昇志向の強い人は人を犠牲にしながら上り詰めていくものと頭に決めつけている人もいる。自分の出世のことしか頭になく、上司に媚びて目立つ仕事とポジション(役割・権限・責任)をもらおうとする。部下は自分の出世の為に利用するしか考えず、周囲にはいかにも会社の為、みんなの待遇改善の為だからと言うが、総ては自分が一番先に甘い汁を吸おうとする。共通しているのは、我欲の強い人が多いし、そうでなければ出世できないということもあるだろう。

 

そういう愚かな上司もいれば、本当に心から尊敬する、部下の面倒見のいい上司も社内には混在する。尊敬する上司は部下が窮地に立たされた時に自らを犠牲にしてでも守ろうとしてくれる。恩を感じた部下は一生その上司に仕えようと頑張るものだ。

にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
にほんブログ村 

会社の為、みんなの為に頑張る上司はけっして楽ではない。自分の上司からの評価もあり、自らの業績も上げないといけないし、自部門全体の数字をあげることも要求される。部下の労働意欲を喚起し目的な目標に導き達成させねばならない。困った部下には相談に乗り後方支援も必要で良好なチームワークの維持も必要だ。

にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
にほんブログ村 

業績を上げただけで模範的リーダーにはなれない。いい人だからいい上司とも限らない。物は捌けても人が捌けない人もいる。人の上に立つのは難しいものだ。人には心や知恵や感情があるので扱いには注意しなくてはいけない。生まれも育ちも文化も習慣も異なる多様な人達のベクトルを合わせ、目標を達成する事は難しいものである。リーダーになったら色々な勉強をし、人として企業人として成長できるだろう。