中小企業診断士/行政書士中村事務所

頑張る中小企業と中小企業診断士/行政書士の資格取得を目指す人を応援するブログです。

社長失格者は退場せねば(下)!

 

 

社員から社会保険料を徴収しながら、延滞している会社がある。北新地に行く金はあるくせに企業としての最低の義務を果たそうともしない。この社会保険料の延滞利息はけっこう高い。だからまた資金繰りに困窮する。取り立ても厳格で、分納返済計画のチェックも厳しい。

 

 

あの会社はこうして潰れた 日経プレミアシリーズ

あの会社はこうして潰れた 日経プレミアシリーズ

 

 

 

社長†失格?あえぐ秘書を手放せない? (乙女チック)

社長†失格?あえぐ秘書を手放せない? (乙女チック)

 
人間失格―新潮社佐藤隆信社長・破滅への暴走 (OR books)

人間失格―新潮社佐藤隆信社長・破滅への暴走 (OR books)

 

 

 

でもこれをきっちりしていないと事業継続は困難になるので、その場しのぎの感は否めないが、呼び出しと指導には従わないといけない。だが、自らが出向いて謝罪と説明をせず、年配の番頭をクレーム処理に使う姑息な社長。自分が恥ずかしい目に合っていないから、また金の使い方の優先順位を誤り、再度、督促状が届くことになる。

 

年金事務所に行って恥をかいてきた年配の番頭も、二度と行きたくないから社長に懇願するが、自分は恥をかかないから無視する社長。年配の番頭も陰で社長のの事を愚痴るが、ここを辞めたら仕事がなくなるからと、最終的には我慢せざる負えない。

 

 

 

この会社はいつも社員募集している。離職率が高いことで有名だからである。訪問販売会社で徹底したノルマ主義で、売れない営業マンと烙印を押されたら即刻クビである。行動指針の中に、「お客さんの家に行ったら、30分は絶対に出てくるな」というのがあり、この不退去は消費者契約法などでも違法事項とされていることを、会社は命令として課しているのである。

 

*この不退去とは、

不退去罪(刑法130条)|帰れと言っても帰らない

立ち去るよう要求されても帰らないことを不退去罪という。意外なことに、警察を呼べば逮捕してくれる場合があるのだそうである。返答に困ったら、ただただ「お帰りください。」と伝えるのもいいかもしれない。

 

 

 

中高年を高額の給料で誘い込み、使えないと思ったらポイ捨てするのが常態化している悪徳会社。その高額給料を募集広告でアピールしているが、その実態は違う。確かに過去の実績で、それだけもらった好成績の営業社員もいたそうだが、この社員に聞くと、「確かにもらったが、その後、売れなくなった時に、何かとケチをつけ減給され続け、結局はマイナスになっている」との事であった。

 

若い営業課長をグループ長に置き、売れない営業マンには、そのグループ長を通じて、離職勧告と言う生ぬるいものではなく「即刻クビ」を宣告しているようだ。要は朝出勤して、すぐにそのグループ長に宣告され、その場でクビとなって帰宅を命じられるという残酷な話である。その人も帰宅して家族にそのことを伝えることができず、暫くの間、公園で時間を潰していたようである。家族を持つ大黒柱は大変だ。家族もまさか入社して2ヶ月で結果が出ないからと言って、且つ、解雇予告期間や解雇手当もない辞め方をさせられるなんて思わないであろう。本当に気の毒な話である。たぶん他の営業社員への見せしめで、こういう辞めさせ方をしているのであろう。

 

労基法で定められている解雇予告などのルールは全く無視した会社。一日の拘束は朝の9時から夜は最低でも21時までで、社長の機嫌の悪い時は日をまたぐこともある。今、世間を騒がせているパワハラは日常茶飯事で、恫喝におびえる社員も多くいる。

 

この奴隷的拘束が日常化したこの会社が未だにあるのかと疑う人も多いが、実際にあるのである。但し、長く勤めていると社長の癖も見抜き、けっこう居心地のいい面もあるとの事で古い社員もいるが、大概はクビになるか、自ら逃げていくようだ。

 

全く困った会社であるが、未だにこれといった問題になっていないから不思議なものである。たぶんこの社長は色々な顔を持った人間らしく、人の心を掴むのも上手いらしく社員を意のままに利活用していたのも、問題が露呈しない原因であろう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そうやって離職率が高いのだが、それでも高額給料も募集広告でアピールしているから次々と応募がくるのである。

 

この社長は自分の利益追求への執念が強い社長は、営業社員の意欲喚起に向けたぶら下げニンジンをコロコロ変えている。そして、自分の利益が最大化になることへ必死で余念がない状態だ。毎月評価制度と処遇が変わり、営業社員も落ち着かないこの制度に嫌気している。

 

本当にこの社長は失格である。いつまでも続くとは思えない会社だが、働く人もよく考えて欲しいと思う。

 

にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
にほんブログ村