中小企業診断士/行政書士中村事務所

頑張る中小企業と中小企業診断士/行政書士の資格取得を目指す人を応援するブログです。

神戸市立小の教師によるイジメ事件で思う事!

神戸市立小の教師によるイジメ事件。次々と出てくる新事実に驚愕だ。もう何回もTVで被害者先生がカレーを食べさせられるシーンが流れて気分も悪い。あれでカレーが嫌いになった生徒も多いだろう。この加害者先生の粗暴な振る舞いが目立つようになった昨年(2018年)から生徒のいじめも増加しており、一昨年(2017年)まではゼロだったのにこの数字が顕著に学校の実態を表せている。

 

 

学校を変える いじめの科学

学校を変える いじめの科学

 

 

 

 

にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
にほんブログ村 

模範となる教師が自らいじめをしていたのでは、生徒たちに「いじめるな」と指導しても説得力がある訳がない。また組織の長である校長が、加害者先生たちを可愛がっていたのなら、被害者先生も相談しにくいし、その校長から事実確認を上から押さえつけるような言い方でやられたら、事実認定もしにくいのは当然だろう。

 

校長まで出世され教職員たちを束ねる役割の人がそんなことが分からない訳はないだろう。上に上がれば上がるほど下の人達の苦しみや悩みが分からなくなり、感覚がマヒしてきたのかな。人の痛みが分かる校長になってもらいたい。また一番の問題点は、この職場は連結ピンが機能せず、そこから生じた組織の壁が、風通しの悪い組織風土にしてしまったのだろう。

 

*「連結ピン」とは、米国の組織心理学者R.リッカートが提唱した組織とリーダーシップの関係に関する概念である。リッカートは、人と人、人と組織、組織と組織を有効に結びつけ、コミュニケーションを円滑化する“潤滑油”の役割あるいはそうした役割を果たす能力を「連結ピン」と呼び、リーダーやマネジメント層には連結ピンとしての機能が求められるとしている。

 

 

 

 

 

 

 

一つ事件が社会問題化されると、そこまで隠れていた新事実が次々と表沙汰になり、収拾がつかなくなっている。お粗末な話でこの事件がなかったら隠れていた被害者はずっと我慢していたのだろうか。

 

生徒の為、学校の為、自分の為、どんな困難なことがあろうが、職場の問題点は自らが解決するように行動しなければいけない。その職場を守る権利は各自持っているだろうし、他人任せでは理想の職場にはならない。

 

この安全配慮義務を怠った校長とモラルのかけらもない加害者教師にはきつい社会的制裁が必要だ。加害者先生もこんなふざけた学校に我が子を通わせたくないであろう。自分の可愛い子供を通わせたくない学校に自分達もしてはいけない。

 

 

 

 

理想の職場像を定めても、周りの人の協力が得られず、実現できない事はよくある。世の中、自分が思うようにはうまくいかないもの。周りが変わらなければ、それを素直に受け入れ、自分が変わればいいと思わねばいけない。但し理想や目標は変えてはいけない。年齢や職位が上になると傲慢になり、その点を忘れるから要注意だ。常に謙虚な姿勢を意識したほうがいい。

 

我が子も来年から社会人になるが、あんな職場だったら大変と心配になる。あの被害教師が自分の子だったら、加害者達はもちろんの事、前校長を引きずり出してボコるだろう。徹底的な社会的制裁をして、二度とこんな教職員が生まれないような学校づくりをしていってもらえるよう願いたい。