中小企業診断士/行政書士中村事務所

頑張る中小企業と中小企業診断士/行政書士の資格取得を目指す人を応援するブログです。

現場を性悪説で捉え管理する事も大切!

 

 

有名ラーメンチェーンの店長が売上金を横領して逮捕された。この手の人達はどんなに厳格な管理をしても、現金管理の盲点を必ずついて不正をする。現場が収益の源泉だから皆が働きやすい環境を整備する事は大切だが、一方で性悪説でも捉え厳格な管理も必要だ。皆が必死に頑張った成果物を店長個人に盗まれてはいけない。それにしても管理が甘い。

 

 

 

私の経験上、飲食店での不正問題は売上の着服である。店の規模が大きくなれば、現金売上も多く、その分着服しても分からないのではということで思わず魔が差してしまうようだ。いくら最新のPOSレジを導入しても必ず盲点があり、着服する人間に限ってそれを見抜くのが上手い。

 

着服する人間は、やり続ける内に感覚が麻痺し、店の金と自分の金の区別がつかなくなる。月に一度の給料とは別に、毎日が給料日になっている。店の管理者としては、キャッシュレスをより推進していく事が大切になってくる。

昔、私が外食チェーン企業に勤務していた時、本部マネージャーとして担当していた直営店の大型焼肉店がある。その店は大阪ミナミの一角に立地していて、営業時間は11時から深夜2時までで年中無休であった。

 

社員は、店長・調理長・主任・一般社員時計7人でP/Aを含め総勢50人の店である。私もその店の店長を2年務めた経験がある。長時間営業なので、シフトを組み運営するのだが、主任がいつも深夜を担当する偏ったシフトになっていた。

 

ある日、「何故、深夜ばかり入っているんですか」と聞くと、「深夜の方が客も少なく気楽でいいし、深夜手当ももらえるから気に入っている」との事であった。私よりも業歴の長い45歳のベテランではあるが、どうもこの会社での出世を諦めているのか覇気を感じられない人であった。そんな考えの人もいるのだなと思いながら、特に気にすることもなく、どちらかと言えば、深夜を嫌う社員が多いのでシフトを組むときは助かっていた。

この店は芸能人やプロ野球選手の来店も多く、春場所になれば相撲取りなど大相撲関係者も多く来られるTVや雑誌でも良く紹介される収容人数300人、5階建てのビルである。売上は年商(平均)4億円・月商3.300万の店である。これだけの規模だと人・モノ・金といった経営資源の管理も一苦労であるが、何とか問題なく運営できていたと思っていた。

 

しかし、何気ない日常会話から驚くべき真実を発見することがある。ある日、その深夜ばかりやってくれている主任を労いに店に行った時、一緒にお茶を飲みながら話をした。すると、深夜メンバーの学生アルバイトを頻繁に飲みに連れて行き、仕事へのモチベーションを高めていると聞いた。

 

そこまでやってもらっているのかと驚き、主任に感謝の気持ちを伝えた。深夜のバイトにも聞くと、「ほぼ毎日のように飲みに連れて行ってもらえて、この職場は本当に楽しい」と深夜に働くことを苦にすることなく積極的に深夜帯に入ってくれるバイトにも頭が下がる思いであった。

 

 

 

その後、本部に帰り、上司にそのことも含めいろいろと話をしていると、その上司から、「主任クラスの給料で、バイトを連れて高いミナミで豪遊することができるのはおかしいな」と指摘され、人のいうことを信じすぎるといった単純な私も、頭を打つ思いだった。

そして早速調査に入ることにした。POSレジを使用しているが、どんな不正ができるかレジ会社の担当者も呼び、レジを徹底的に調べた。定型業務としての会計処理としては、毎日レジ閉めをしたら、日報と売上伝票などを社内便で送るようになっており、POSレジのジャーナルは月ごとにまとめて送るようにしている管理の仕組みであった。それを経理がチェックするが、あくまでも売上のチェックのみである。他の業態も含め、100店舗近い店があり、少人数の経理もすることには限度があるのだ。

 

正直な話、1日100万位の現金売上があれば、2~3万レジから抜いても誰もわからない。厨房伝票とホール伝票を照合させるまではしていなかったのでザル状態であったことは否めない。

 

取りあえず直近1ヶ月分を本部で伝票ごとに調べることにした。案の定、ホールのフード伝票とキッチンのフード伝票が毎日3万程度の差異を発見した。

 

   

レジ会社の担当者とレジの機能を確認したら、一括指定取り消しというキーがあり、伝票丸ごとレジから消去でき、それをすれば、お客様が会計の際、その電溶を呼び出してご利用代金だけ示し、金銭授受をした後に一括取り消しをすれば、レジ売上に集計されず、レジの中にはその伝票のお金だけが残るようになる。

 

焼肉店の単価は高いから、一組3万程度のお客さんの伝票を毎日一件、取り消して現金を着服していたようである。とんでもない事件発生に驚きを隠せない状態であった。

 

休日以外、勤務日は毎日着服しており、月に70万程度の着服となっていた。これに本人の給料を加えるとその主任は1.400万程度を会社からもらっている計算になり、想像を絶する会社の損失である。

 

 

 

過去(6か月間)を遡って調べると毎日コンスタントにその人は着服していたことがジャーナルから分かったが、その一括取り消しが何らかの原因で本当に取り消したのか、もしくは単にその伝票を単POSレジで呼び出して内容をチェックしただけなのかも、現場で立ち会っている訳ではないので分からない。

 

その点を指摘しても言い訳をして、その場をのらりくらりとかわそうとすることも想定されるので、日々の取り消し履歴をリストアップして、一つずつ確認することにした。

ある日、店に行き主任を呼んで予定通りに追求することにした。案の定、最初は単に取り消しただけと言い訳をして誤魔化そうとしていたが、その誤魔化しもいつまでも通用しない。

こちらも事前対策で、6か月分の一括取り消しの証拠を用意していたので、その不自然さを追求することで、7回目の追求時点から厚かましい開き直ったような姿勢から、唇が震えてきてついに着服を認めた。

 

 

 

私も好きでこういうことをしている訳ではない。その主任も家庭持ちで、子供もいるのでお金が必要なことはよくわかる。しかしお金が必要なのはみんな一緒である。また着服金を家族の為にではなく、バイトとの豪遊の為だから同情の余地がない。

私も悲しいが、許されることではなく、他の従業員にも示しがつかないので、懲戒処分の手続きを取ることにした。

 

本当は半年ではなくもっと遡れば、相当な金額になっていたと思う。だが、社歴も長くある面では会社に貢献した人でもあるので、そこらは不問とすることにした。最後の情けである。

 

また店の営業終了後、ほぼ毎日のように、お疲れさんとして焼肉パーティーを開いていたことも分かった。繁忙時に、ちょっとビールを一杯飲んでいる位は、黙認するつもりではあった。

 

だが、これも聞くと厨房スタッフが帰ったのを見計らって、冷蔵庫から肉を出し、毎日どんちゃん騒ぎをしていたことらしく行き過ぎた行為である。

 

 

 

自分の店ではないのだから、その点のモラルは必要だ。もうやりたい放題のモラルなき職場になっていたことを聞き、エリア・マネージャーとしてショックを隠せなかった。

飲食店は労働集約的な産業なので、働く人の意欲と能力に業績は左右させられる。意欲があれば努力するんで能力も向上していくもの。同じチェーン店で、マーケット指数は若干の差があっても同じような立地、同メニュー、同じサービス、同じ店舗設計、同じマニュアルでの運営など、徹底した標準化に取り組んでも、業績に差がつくのは店長のやる気と運営手腕である。

 

店長のやる気・手腕・人柄、に他の従業員も影響を受け、店の雰囲気など店舗間格差が生じてくるものだ。正しく「企業は人なり」である。

 

こういう不正が起きると、「人は疑ってかからないといけないのか」と寂しい気持ちにはなったが、人を性悪説で捉えて管理する必要性も身を持って体験したものであった。

 

今、国を挙げてキャッシュレスの普及に注力しているが、これらはこういった従業員の不正防止にも効果があるので、より進展することを願っている。

 

にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
にほんブログ村

誠に恐れ入りますが、ランキングに参加していますので

ポチッと頂ければ嬉しいです。宜しくお願いします。