中小企業診断士/行政書士中村事務所

頑張る中小企業と中小企業診断士/行政書士の資格取得を目指す人を応援するブログです。

コロナ感染の影響が大!

f:id:kiyonaka:20200401152555p:plain

 

 

 

コロナ感染の影響で、日本全体の会社が疲弊している。

 

資金面では、中小企業は年度末を何とか無事に終えようと必死に資金確保に奔走している。飲食店などは店の休業を余儀なくされ、資金繰りに困窮する店も多いのが実情である。

 

その為、無利子融資でるコロナ特別融資で日本政策金融公庫がパンクしているようだ。東日本地震の時も大変だったが、この時は地理的に集中しており、他地域から応援に来てもらえたから対処できたようだが、今回は日本全国一斉だから大変だ。メガバンクに応援してもらうようでもある。便乗して不要不急の申請もあるだろうし、見極めも大変みたいだ。

 

聞くところによると、日本政策金融公庫の人が嘆いているとの事だ。通常の1年分の申請を1カ月で処理せざるを得ない支店もあるようで、総動員で捌いているが、処理限界を超えていると悲鳴を上げているようだ。今、必要ない会社も先行きが不透明だから借りれる内にとの思惑もあるみたい。本当に危機的状況にある会社への対応が遅れているのが心配になってくる。

 

年度末もコロナの影響で資金確保に苦労した会社は多い。銀行が混み合い融資が遅れた為、取引先に支払いを猶予してもらったり、手形を取下げてもらったりと資金繰りが大変だ。私も手形の取下げに行った事があるが恥ずかしい行為だ。協力してもらう為には、普段から取引先と良好な関係が必要だ。

 

 

にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
にほんブログ村

誠に恐れ入りますが、ランキングに参加していますので

ポチッと頂ければ嬉しいです。宜しくお願いします。  

 

 

人の面では、感染防止の為に在宅ワークにして急場を凌いでも、いつまでもこの勤務体制を維持すると業務に支障をきたすはずだ。成果より時間で貢献する社員を評価する会社が多い日本の会社。自分の裁量で成果を出す社員はいいが、時間を売って給料をもらう人をどう管理するかが課題のようだ。

 

 

4月1日から新年度だが、退職代行サービスの依頼が増えているようだ。コロナ感染で在宅勤務する人が、普段から不満がある会社の事を1人になって考え、これを機に離職する決断をするようである。会社では不満があっても直に相談できる人へ愚痴を言い、発散したり解消する機会がある。在宅ではそういうことができないからそうなるのだろうか。

 

このコロナ感染は経営に大きな影響を及ぼしている。良い教訓になった事もあるが、先行きが心配である。今のうちに将来に向け体制を整備できればいいが、そんな余裕もない会社は大変である。

私の取引先に多くの飲食店を顧客としている酒卸会社がある。社長自ら頑張り、取引先も増え業績が好調だったが、ここにきてコロナで急ブレーキだ。動きが止まった倉庫の在庫と毎日掃除する従業員を見ながらため息をつく。今動いてもしょうがないと財務的余裕がない割には静観の構えである。嘆いていても何の解決にはならない。将来を見据えて今やる事があるはすである。何とか頑張らないといけないな。